DragonFly BI サービス利用規約

第1条(目的)

グレープシティ株式会社(以下、「当社」といいます)は、DragonFly BIサービス利用規約(以下、「本規約」といいます)に基づき、当社が運営・管理するDragonFly BIサービス(以下「本サービス」といいます)を法人・団体の組織(以下、「お客様」といいます)に対し、内容および提供条件を定め、非独占且つ譲渡禁止、再許諾不可能な利用権を許諾します。

第2条(適用範囲)

1. 本規約は、当社がお客様に提供する本サービスの利用に対し、適用するものです。

2. お客様と本サービスの販売を許諾した当社の販売店(以下、「販売店」といいます)との間で取り決める契約内で、本サービスの商取引に関する別段の定めがない限り、本規約はお客様と当社と販売店の間で適用され、お客様は本規約に対し、代理店経由で同意したものとみなされます。

3. 前項の商取引条項を除き、お客様と販売店間で本規約の変更を合意しても、当社へは一切主張できないものとします。

第3条(本サービスの利用権等)

1. お客様は、お客様の管理下で本サービスを利用するユーザー(以下、「ユーザー」といいます)に対し、ユーザーが本サービスを利用するための権利(以下、「ユーザーアカウント」といいます)を設定することができるものとします。

2. ユーザーは、1つのユーザーアカウントを第三者と共有することはできないものとします。ただし、当社の事前の承諾を得ることなく、第三者にライセンスを割り当て直すことができるものとします。

第4条(無償試用版)

1. 無償試用版は、当社がお客様に事前に通知した無償で本サービスを利用できる期間(以下、「試用期間」といいます)に有償版と同等の本サービスの機能を試すことができるものです。ただし、試用期間内も本規約に同意したものとみなされます。

2. 試用期間終了後は、第5条(本規約の締結等)第1項に定める規定に従い、申し込みが成立することで有償版を利用できるものとします。

3. 当社は、試用期間内に限り、お客様の事前の承諾を得ることなく、本サービスに保存したすべてのデータおよび情報(以下、「保存データ」といいます。)を削除することができるものとします。

第5条(本規約の締結等)

1. 本規約は、お客様が当社に対し、有償・無償を問わず、別途定める方法で申し込みを行い、当社が当該申し込みについて審査および承諾したときに成立するものとします。

2. 前項で定める審査にあたり、当社は申し込み内容を証明する書類を要求する場合があり、当社が要求する場合には、お客様は当社に対し、当該証明を提示する必要があるものとします。

第6条(料金と利用期間)

1. 当社は、ユーザー数に対し、本サービスの1か月単位および1年単位の利用料金(以下、総称して「サービス料金」といいます)を定めるものとします。本サービスは、当社とお客様の間で別段の定めがない限り、基本的に5デザイナおよび10ビューワー未満の契約はできません。

2. 当社は、お客様に対し、サービス料金に加算して別途初期設定費を請求できるものとし、本サービスの利用にかかる通信費、パケット料金その他発生する通信関係費用等は、お客様が通信業者に対し直接支払うものとします。

3. 本サービスは、第5条(本規約の締結等)第1項により契約が成立した月の翌月1日(以下、「利用開始日」といいます)から効力を有するものとし、当該成立から利用開始日までの期間、当社はお客様に対し、無償で本サービスを提供するものとします。

4. 本サービスでは、本サービスを利用できる契約期間(以下、「利用期間」といいます)の最終日を自動更新日および解約日(以下、総称して「満了日」といいます)と定めるものとします。

5. 当社は、次のとおり、サービス料金および利用期間を定めるものとします。

(1). 1か月単位(以下、「月額利用」といいます)の場合

利用開始日から当月末までとし、お客様から解約の申し出がない限り、満了日に自動更新されます。ただし、初回は3か月を利用期間と定めるものとします。

(2). 1年単位(以下、「年額利用」といいます)の場合

利用開始日から12か月後の月末までとし、お客様から解約の申し出がない限り、満了日に自動更新されます。

6. 当社は、サービス料金を予告なく変更することがあります。当社によるサービス料金の変更は、電子メールまたは当社のWebサイトに掲載する等、当社が適当と判断する方法により行われ、次回満了日をもって、お客様は変更後のサービス料金に同意したものとみなされます。

第7条(サービス契約の変更等)

1. お客様は、お客様と当社の間で成立した本サービスの利用に関する申し込み契約(以下、「サービス契約」といいます)を、当社が別途定める方法で、変更することができるものとします。

(1). 月額利用の場合

お客様は、ユーザー数および月額利用から年額利用への変更ができるものとします。

(2). 年額利用の場合

お客様は、ユーザー数および年額利用から月額利用への変更ができるものとします。

2. 前項に定める変更においては、いずれの場合も、サービス契約の変更を希望する月の前月末日から起算して5営業日前までに申請するものとし、ユーザー数を削減する場合には、お客様が削減対象のユーザーアカウントを削除した上で、当社に対し申し入れをする必要があります。

3. 当社が指定する期日までに、当社で前項のユーザーアカウントの削除が確認できない場合には、サービス契約の変更をすることはできません。

4. 本条の定めにより、サービス契約の変更を行った場合には、当社は、お客様に対し、満了日または当社が事前に指定する日のいずれかの到達日より、サービス契約およびサービス料金の変更を適用するものとします。

第8条(支払い条件)

1. サービス料金の請求業務は、代行業者およびサービス等、当社が適当と判断する方法により行うものとし、事前に書面での別段の定めがない限り、消費税法に定める税額および振り込み手数料を加算したうえで、当社が指定する期日までに当社の指定する方法により支払うものとします。

2. お客様が前項に基づく債務を所定の支払期日が過ぎてもなお履行しない場合、お客様は所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延利息として、サービス料金その他と一括して、当社が指定する期日までに当社の指定する方法により支払うものとします。

第9条(解約および終了)

1. お客様は、当社が別途定める方法で、満了日の30日前までに当社に対し申し入れることにより、本規約を解除できるものとします。

2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、お客様に対し何らの通知、催告を要せず、直ちに本規約の全部または一部を解除できるものとします。

(1). 虚偽の内容にて申し込みが行われた場合

(2). 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(3). 本規約に基づく義務を履行せず、相当期間を定めて書面による催告をした後もなおこれを履行しない場合

(4). 差押、仮差押、仮処分、競売の申立を受け、または公売処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、会社更生の申立があった場合

(5). 手形または小切手を不渡りとしたとき、または手形交換所の取引停止処分を受けたとき、その他支払停止または不能の状態に陥った場合

(6). 会社が解散したとき、または会社清算手続が開始された場合

(7). 信用資力の低下があった場合

(8). 関係官庁から営業の許可取消処分または停止処分を受けたとき、または営業の許可を返上しようとした場合

(9). その他、当社がお客様として不適切と判断した場合

3. お客様または当社の役員または使用人が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力であることが判明したときは、相手方は何らかの通知、催告を要せず直ちに本規約を解除できるものとします。

4. 本条の定めにより解約または終了した場合、当該解約または終了があった時点において未払いのサービス料金または遅延利息がある場合には、当社が定める日までにこれを支払うものとします。また、お客様は当社に対し、利用期間の途中で解約された場合でも、サービス料金の全部または一部の返還や払い戻しの請求はできないものとします。

第10条 (停止)

1.当社は次の各号のいずれかに該当する場合、お客様の事前の承諾を得ることなく、本サービスの全部または一部を停止または中断できるものとします。

(1). メンテナンスを実施する場合。このメンテナンスでは、可能な限り事前に電子メールまたは当社のWebサイトに掲載する等、当社が適当と判断する方法により、お客様に通知するものとします。

(2). 電気通信事業者または国内外の電気通信事業体による電気通信サービス、電力会社による電力供給サービス、その他の公共サービスの提供が停止またはメンテナンスなど、当社の責によらない事情の場合

(3). セキュリティにおける緊急事態と判断される場合

(4). 当社の合理的管理を超える状況(不可抗力、統治行為、洪水、火災、地震、暴動、テロ行為、ストライキ、その他の労働争議またはインターネットサービスプロバイダの障害もしくは遅延を含みますが、それらに限定されません)による場合

(5). その他、当社が必要と判断した場合

2. お客様は、第8条(支払い条件)に基づく債務を所定の支払期日を経過してもなお履行しない場合、当社はあらかじめその理由および停止日を通知した上で本サービスを停止することができるものとします。ただし、当社は債務の支払いを確認できた時点で、当社が承諾した場合に限り、本サービスの再開を認めるものとします。

3. 本サービスの全部または一部を停止した場合でも、お客様は当社に対し、その期間に対するサービス料金の全部または一部の返還や払い戻しの請求はできないものとします。

第11条(禁止事項)

お客様は、いかなる事由によっても、本サービスおよびユーザーアカウントを、次の各号のいずれかを目的として利用することはできないものとします。

(1). 第三者へ譲渡、販売および貸借する行為

(2). 有害プログラムを含んだ情報やデータを登録、提供する行為

(3). 本サービスに含まれる通信機能を利用して大量に情報を送付する行為、無差別に不特定の者に対してその意思に反し電子メール等を送信する行為、または事前に承認していない送信先に対して電子メールを配信する等の行為

(4). 当社が提供するすべてのサービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為

(5). 当社が提供するすべてのサービスの信用・名誉等を毀損する行為、またはそのおそれのある行為

(6). その他、当社が不適切と判断する行為

第12条(期限の利益の放棄)

お客様が前条に定める禁止事項に該当する行為を行ったと当社が認めた場合、お客様は当社に対する一切の債務について、通知催告を受けなくても当然に期限の利益を喪失し、ただちに当社に弁済するものとします。本規約が解除されたときも同様とみなします。

第13条(責任の制限)

1. 本サービスに関し、当社の損害賠償責任が生じた場合の上限は、当社がお客様から受領したサービス料金の直近1か月相当額とします。ただし、天災地変、暴動、労働争議、行政処置、その他合理的支配を超えた原因による損害は含まれないものとします。

2. 当社は、お客様の故意または重過失により、当社が第三者への賠償、弁護士費用を含むその他の損害を被った場合、当該損害額について求償できるものとします。

第14条(免責)

1. 本サービスは、商品性、特定目的への適合性、権限、権利の非侵害を含め、明示的もしくは黙示的な保証を行わず、現状有姿にて提供されるものです。

2. 当社は、本サービスの利用に付随または関連して生ずる直接的または間接的な損失・障害等について、いかなる場合であっても一切の責任を負わないものとします。

第15条(変更通知)

1. 当社は、本規約およびは本サービスの内容を変更できるものとします。ただし、お客様の不利益となりうる本規約および本サービスの変更は、当社が適当と判断する方法により事前に通知または告知するものとします。

2. 前項の定めにより変更があった場合には、通知または告知がなされた時点から、従前の本規約の当該内容は無効となり、変更後の内容を適用するものとします。お客様が変更内容に同意されない場合は、当社は本サービスの提供を継続する義務を負わず、お客様は、変更が有効になる前に本規約を解約および本サービスの利用を停止しなければなりません。

第16条(廃止)

1. 当社は、技術上、商業上の事由により本規約を履行することが困難と判断した場合、本サービスを廃止する場合があります。この場合、当社はお客様に対して、廃止予定日より3ヶ月以上前に電子メールまたは当社のWebサイトに掲載する等、当社が適当と判断する方法により通知するものとします。

2. 前項の定めにより本サービスを廃止する場合、利用のなかった契約月数にサービス料金をかけた金額を返還するものとします。ただし、当該廃止があった時点において未払いのサービス料金がある場合には、この限りではありません。

第17条(保存データの取扱い)

1. お客様およびユーザーは、保存データを各自で管理するものとし、当社は、保存データに対し、いかなる権利も取得しないものとします。

2. 当社は、お客様の事前の承諾を得ることなく、サーバーの故障・停止時の復旧の便宜に備えて保存データを任意でバックアップできるものとします。

3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、保存データに対し、アクセスできるものとします。

(1). サービスシステムの安全な運営のため

(2). 本サービスまたは本サービスのシステム上の問題を防止するため

(3). 本サービスのサポート上の問題に関連してお客様から当社に要請があった場合に、当該サポート上の問題を解決するため

4. 当社は、保存データを第三者に開示または漏えいしないものとするとともに、関連法令を遵守するものとします。保存データの取り扱いについては、第19条(秘密情報の取り扱い)第3項乃至第5項の規定を準用するものとします。

5. 当社は、お客様が保存データを本サービスのサーバーに転送し、蓄積されたデータがいかなる理由において破損または消失しても、お客様または第三者に対して一切の責任を負わないものとします。

6. 当社は、本規約の終了および利用期間の満了後、保存データを一定期間保管したのち削除するものとします。

第18条(個人情報の取扱い)

1. 当社は、本規約に基づきお客様およびユーザーの個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいいます)および本サービスに関するアクセス履歴、閲覧履歴、設定情報等(以下、総称して「利用履歴」といいます)を取得するものとします。

2. 当社は、個人情報および利用履歴を、次の各号に定める目的の範囲内でのみ使用するものとします。

(1). 本サービスの利用に関する手続きおよび情報の提供等のため

(2). 本サービスの利便性の向上、品質や機能の改善等を目的とした、利用状況の分析、効果測定および分析を行うため

(3). その他、お客様に有益と思われる情報、各種ご案内の送付および送信のため

(4). 本サービス不正利用の防止および発生時に調査等を行うため

(5). その他、本サービスの提供に必要な業務のため

3. お客様および当社は、個人情報を第三者に開示または漏えいしないものとするとともに、関連法令を遵守するものとします。個人情報の取り扱いについては、第20条(秘密情報の取り扱い)第3項乃至第5項の規定を準用するものとします。

第19条(秘密情報の取扱い)

1. お客様および当社は、本規約に基づき相手方より提供を受けた技術上または営業上その他業務上の情報のうち、相手方が特に秘密である旨あらかじめ書面で指定した情報で、提供の際に秘密情報の範囲を特定し、秘密情報である旨の表示を明記した情報(以下、「秘密情報」という)を第三者に開示または漏えいしないものとします。ただし、相手方からあらかじめ書面による承諾を受けた場合および次の各号のいずれかに該当する情報についてはこの限りではないものとします。

(1). 秘密保持義務を負うことなく既に保有している情報

(2). 秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報

(3). 相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報

(4). 本規約に違反することなく、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報

(5). 本条に従った指定、範囲の特定や秘密情報である旨の表示がなされず提供された情報

2. 前項の定めに関わらず、お客様および当社は、秘密情報のうち法令の定めに基づきまたは権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先または当該官公署に対し開示できるものとします。この場合、お客様および当社は、関連法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を相手方に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後、速やかにこれを行うものとします。

3. 秘密情報の提供を受けた当事者は、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとします。

4. 秘密情報の提供を受けた当事者は、相手方より提供を受けた秘密情報を本規約の目的の範囲内でのみ使用し、本規約の目的に必要な範囲内で秘密情報を化体した資料等を複製または改変できるものとします。この場合、お客様および当社は、当該複製等または改変された秘密情報についても、本条に定める秘密情報として取り扱うものとします。なお、本規約の目的に必要な範囲を超える複製等の場合は、あらかじめ相手方から書面による承諾を受けるものとします。

5. 秘密情報の提供を受けた当事者は、相手方の要請があったときは資料等を相手方に返還するものとします。

第20条(情報等の帰属)

1. 本サービスに含まれるすべてのコンテンツ(記事、ソースコード、画像、ソフトウェアなど)の著作権、商標権およびその他一切の知的財産権は、当社またはその他正当な権限を有する者に帰属し、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

2. お客様は、本サービスに含まれる著作権表示を変更、修正または消去できないものとします。

第21条(権利義務の譲渡)

1. 当社は、本サービスにかかる事業の契約上の地位、権利義務の全部または一部ならびにお客様の登録情報やその他情報を第三者に譲渡または承継できるものとします。なお、本条に定める事業譲渡には、合併、営業譲渡、会社分割などによる包括承継などあらゆる場合を含むものとします。

2. お客様は、当社の書面による事前の承諾がない限り、本規約に基づく地位、権利義務の全部または一部を第三者に譲渡または承継してはならないものとします。事業譲渡による包括承継については、承継前のお客様に対し、当社が書面により事前に承諾した場合に限り承継できるものとします。

第22条(登録情報の変更通知)

1. お客様はその商号もしくは名称、本店所在地もしくは住所、連絡先その他注文時に登録したお客様情報に変更があるときには、速やかに当社に連絡するものとします。変更可否については当社にて判断し、その結果を通知するものとします。

2. 当社は、お客様が前項の通知を怠ったことにより、お客様ならびに第三者が通知の不到達その他の事由により損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第23条(サポートサービス)

お客様およびユーザーは、当社が別途定める「DragonFly BIサポートサービス利用規約」に基づき、DragonFly BIサポートサービスを利用できるものとします。

第24条(準拠法および合意管轄)

1. 本規約は日本国法に準拠するものとします。

2. お客様と当社の間で訴訟の必要が生じた場合には、当社の本社所在地を管轄する地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄とします。

第25条(協議等)

本規約に規定のない事項および規定された項目について疑義が生じた場合は、両者誠意をもって協議の上解決することとします。協議の結果、本規約のいずれかの部分が無効となった場合でも、本規約の全体の有効性に影響がないものとします。

第26条(存続条項)

本規約の終了および利用期間の満了後も、第8条(支払い条件)、第11条(禁止事項)、第13条(責任の制限)、第14条(免責)、第17条(保存データの取扱い)、第18条(個人情報の取扱い)、第19条(秘密情報の取扱い)、第20条(情報等の帰属)および第24条(準拠法および合意管轄)に関する事項は有効に存続するものとします。


2016年6月29日
グレープシティ株式会社


付則 本規約は2016年6月29日より実施するものとします。